あなたのリラックスワールド
美容と健康の話題
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小顔マッサージの方法
顔が大きく見えると悩んでいる人は意外に多いものです。では原因はどういうところにあるのでしょうか。

主な原因として挙げられるものは「むくみ」「たるみ」などではないかと思います。これは顔に老廃物が溜まっているために起こっている現象です。
この老廃物を正しく流して体外へと排出してあげることで顔がスッキリして小顔へと導いてくれることだと思います。

顔に溜まった老廃物を排出させるには顔のリンパマッサージが効果的で、1日たったの10分ほどやるだけで見違えるほどスッキリしてくると思います。
また継続的に行うことが肝心ですのでぜひ続けて実行するようにしてみてください。

【顔のリンパマッサージ】
1.額の真ん中の部分に指を4本横にして置きます。そのまま指の腹の部分に力を入れて両方のこめかみまで撫でていきます。これを5回ほど繰り返します。

2.アゴの下に置きやすい指を2本置いて、指の腹に力を入れて口の回りを通って鼻の下のところまで撫でます。これを5回ほど繰り返します。

3.小鼻の脇に指を2本置いて上下に10回ほど撫でます。

4.中指の腹の部分を目尻にあて、骨にそって目の回りをぐるっと1週回します。これを5回ほど繰り返します。

5.親指以外の4本の指の腹を耳の下あたりにつけ、骨に添って目頭まで持っていき、そのままこめかみ、首の下まで流します。これを5回ほど繰り返します。

上記のことを毎日繰り返すようにするだけで、気づくときっと効果がでてくると思います。



スポンサーサイト
脂肪吸引による小顔
顔が大きいとか太っているとか小顔になりたい理由というのはさまざまあると思いますが、頬やアゴなどが太っている場合は脂肪が原因で大きくなっている場合もあります。

それを解消して小顔になる方法として脂肪吸引という方法があります。これは整形手術のひとつになりますが、直径数ミリという金属製の管(カニューレ)を使用して皮下脂肪を吸引するという方法になります。

脂肪吸引は頬やアゴなどの顔だけでなく主にお腹やお尻、太ももなどの脂肪吸引として知られているのではないかと思います。

顔に行う脂肪吸引は顔の目立たない場所、例えば耳の後ろなどにメスを入れて小さく傷をつけます。そこからさきほど紹介したカニューレを挿入して脂肪を吸引するといった方法を取っています。

この方法で頬やアゴの脂肪をとることができ、フェイスラインもスッキリすることができるので顔全体が引き締まって見えて小顔になれるということになります。

手術時間は比較的短いのですが、手術後、はれたりむくんだりする場合がありますので元に戻るには術後1週間ほど見ていればいいのではないかと思います。

しかし、いくら小顔になりたいからと脂肪を取りすぎてしまうとバランスもおかしくなってしまいますので、よく担当医の方と相談した上で手術してもらうことをおすすめします。

また、料金やアフターケアなどの点も手術をお願いする前にカウンセリングでちゃんと聞くようにしておくことも大事となります。

小顔体操と小顔マッサージ
小顔になりたいという思いは特に女性であれば願う人が多いと思います。
しかし、エステなどプロに頼もうとするとお金がかかってしまい、1回で効果が得られるならいいけど、何回も続けなくてはならないとなると続けられることが出来なくなってしまいますよね。

そこで自宅で簡単にできる小顔体操や小顔マッサージに注目が集まっています。
どちらも自宅で簡単にできる方法なので手軽に始められると思いますが、この2つの方法、いったいどういった違いがあるのでしょうか。

小顔体操と言うのは筋トレと同じで顔の筋肉を鍛えていき、結果的に小顔を目指すと言うような方法です。
顔の筋肉と言うのは毎日の生活の中で比較的無意識に使っているものですが、意識して使うことで鍛えることが可能な筋肉なのです。
ですから小顔体操を行って意識して顔の筋肉を鍛えることでフェイスラインがすっきりしてくると思いますので小顔に近付くことができると言うことになります。

対して小顔マッサージと言うのは顔にあるリンパを刺激して滞っているリンパの流れを解消してむくみやたるみを改善していくことで小顔にしようというマッサージ方法です。
アロマオイルを使用してもいいし、洗顔時に洗顔料を使用してマッサージをして血行をよくしていくのもいいと思います。

ですから内容が小顔体操と小顔マッサージでは違うことになりますので、これらをうまく組み合わせて小顔を目指していってみてはいかがでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。