FC2ブログ
あなたのリラックスワールド
美容と健康の話題
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラランスのマッサージオイル
そこで、まずは自分たちが施している技術を、何とか自宅でも出来ないかと、部分的に改良しました。
でも、そんなクラランスの前身は、パリの街角にオープンした1軒のマッサージセンターだったそうですよ。
そこは女性を美しくするための機能回復トリートメントを施してくれる今でいうエステサロンですね。
それは、このマッサージオイルの誤った使い方が広まり、効果を得られない女性が溢れかえる事が、クラランス自身、絶対に嫌だった事に他なりません。
今でこそ、多くのコスメブランドやエステサロンが取り組んでいるサービスの数々ですが、50年近くも前の話となると、きっと画期的な事だったのでしょう。
そこで、このマッサージオイルが家庭に持ち込まれる事によって、従来のような充実したフォローアップが難しくなるのではないかという問題点も抱えていました。
いくらクラランスのオイルを買って、自分でマッサージしたところで、そう安易にその効果が得られるというものではなかったんですよね。
加えて、クラランス自体が、誰よりもお客様主義を貫いていたスタッフでしたから、一度関わったカスタマーへのフォローアップも大切にしていたんですね。
ついにクラランスはスキンケアブランドとして、自社のオイルを一般発売する事に決めました。

クラランスがオリジナルマッサージオイルの市販を長年躊躇していた理由。
しかし、クラランスのマッサージオイルの高価は、その品質もさる事ながら、テクニックこそが重要でした。
なんて、クラランスは身勝手な事で頭を悩ませていたのではありませんでした。
ですから、オイルを塗ってマッサージしたところで、センターで受けるのと同じような効果効能が得られる確率は非常に低かったのです。
実はクラランスはその頃には100パーセント有り得ないと言われていた100パーセント植物性のマッサージオイルを編出す事に成功していたのです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kenji12800.blog8.fc2.com/tb.php/396-5b3cecb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。