あなたのリラックスワールド
美容と健康の話題
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝染性紅斑は目に見える症状が出てきたときには
伝染性紅斑は目に見える症状が出てきたときには、人には移らないので学校や幼稚園・保育園に普通に言っていいのであるから誤解の無いようにしていただきたい。
気をつけたいのは妊婦の伝染性紅斑だ。

よく知られているのが、男性が思春期以降に「おたふく風邪」に罹ると、精巣炎により不妊症になってしまうというものだが、伝染性紅斑の場合も大人の方が症状が重いのだ。
特に妊娠初期・中期の伝染性紅斑には気をつけていただきたい。

子供の場合、通常は熱は出ないが、大人が伝染性紅斑に罹ると高熱が出るそうだ。
ある日自分の子供が、熱もないのにほっぺたが鮮やかに真っ赤になっていたら伝染性紅斑を疑って良いだろう。
感染経路は飛沫感染なので、伝染性紅斑は学校や幼稚園・保育園などの集団生活のなかでの感染が多いのだ。
上記の理由から、伝染性紅斑は子供に多い印象を受けるのはうなずける。

伝染性紅斑をはじめとして子供が罹りやすい感染症に大人が罹った場合、往々にして重い症状が出るのはなぜだろうか。
伝染性紅斑に関わらず子供が罹る感染症は、子供の時に罹っておいた方が良いということなのかもしれない。
大切なのは、大人がまず伝染性紅斑に関しての正しい知識を理解することだろう。
また大人の場合、高熱と共に関節痛筋肉痛、頭痛などの症状が出てしまうようなので、伝染性紅斑といっても侮れないのだ。
私も子供を持つ親だが伝染性紅斑に関わらず、子供が感染する病気の多さには驚かされる。

(文:記事所有権:chan2014所有)

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kenji12800.blog8.fc2.com/tb.php/449-b18e9de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。